金曜日, 7月 24th, 2015

フジテレビSMAP×SMAPのロゴ

フジテレビで以前放映されていたテレビ番組で「夢がMORIMORI」という番組があって、MORIMORIという番組タイトルは、司会の森脇健児と森口博子と、当時SMAPのメンバーで、この「夢がMORIMORI」にも出演していた森且行の3人の頭文字が由来みたいです。

当時のSMAPは今ほど人気も知名度もなく、当時のジャニーズには光GENJI、男闘呼組など、あの時代には絶大な人気を誇るグループがいくつもあった為、SMAPは全然目立ってなかった気がする。

そんなSMAPがレギュラーを務めていたのがこの「夢がMORIMORI」で、SMAPのメンバーはこの番組をキッカケに人気に火がついて、その後の「SMAP×SMAP」で、その日記を不動のものとしたと言っても過言ではないと思う。

当時はアイドルのような歌もダンスも上手いかっこいい男性アイドルは、お笑い芸人のような体を張ったコントはやらないのが常識で、やったとしても、オチに使われるのがお笑い芸人などで、アイドルの引き立て役という感じだった。

ところがこの「SMAP×SMAP」では、CCB吾郎とかGショックといった。

稲垣吾郎が演じる人気企画や、木村拓哉扮するペットのPちゃん、世にも微妙な物語など、さまざまなコントに挑戦していて、アイドルがバラエティー番組で全力でやるっていう、前例を作ったのは確実にSMAPだと思うし、これによってお笑い芸人に求められるスキルは、格段に上がり、アイドルに求められるスキルも、歌やダンスだけではなく、しゃべりやお笑いの要素も求められるようになった気がする。

そんなSMAPブレイクのキッカケになったのは当然「SMAP×SMAP」ではあるんだけど、
森脇健児と森口博子が司会を務めていた「夢がMORIMORI」という番組がなければ、
今のSMAPは無いわけだから、そういう意味では元祖は「夢がMORIMORI」だと思う。

最近ではフジテレビの視聴率の話題もよくネットで見かけるけど、振り返るとドラマでもバラエティーでも、青春時代の思い出はすべてフジテレビなんで、これからもおしろい番組を作ってほしいと思う!