9月 28th, 2016

フジテレビ番組の世界誘拐事件のタイトル

最近テレビを付ければ、24時間警察などのドキュメンタリー番組がやってる気がして、ついつい見てしまう。

世の中こんなことも、あんなことも毎日起こっているねって、平和の自分の生活にありがたみを感じる。

去年9月に放送されたフジテレビの「世界誘拐ファイル カメラが見た!犯行&救出の決定瞬間 3時間スペシャル」という番組を見て初めて知ったんだけど、2014年に日本で13歳未満の連れ去り事件が9年ぶりに100件を超えたという事を警察庁が発表したらしく、近年日本でも子供の連れ去りや誘拐事件が増加しているという事に衝撃を覚えた。

フジで3時間一気に見て、興味深い番組だった。また、やって欲しいと思うけど、こちらのフジテレビのYoutubeで新しい番組の予告とかもチェックしたりしている。

しかし、世界では日本の比較にならないほど誘拐事件が横行しているらしく、2014年にアメリカで誘拐された人数は年間で46万人以上、そして中国では年間20万人の子供が行方不明になっているという話です。

しかも中南米では身代金目的の誘拐が日常的に起こるという事で、このフジの番組ではそういった世界の誘拐事情を紹介するという社会派なドキュメント番組だった。

世界の発展途上国で、誘拐や人身売買された子供や女性たちを救出する誘拐・人身売買被害者救出チーム「O.U.R.」(Operation Underground Railroad)の救出作戦会議を日本のテレビ局が初取材という事で、世界中の犯罪組織と命がけで渡り合い、被害者を救出する彼らの決死の救出作戦の記録を見れるとあって、日本ではありえないような凶悪犯罪組織に巻き込まれてしまった人たちを救おうとする彼らがとても気になる。

本当に救うことができるのか?とか、そもそも誘拐された人をどうやって探すのか?とか様々な疑問が浮かび上がるわけだが、まずは生後すぐ何者かに連れ去られて4歳まで養護施設で育ったスティーブ・カーターさん(38)という人の誘拐が紹介された。

スティーブさんは自分がどこで生まれたのか、両親は誰なのかも分からなかった状態だったのだが、34歳になったある日、ネット上で今の自分の顔にソックリな人物を見つけることとなる。

それは34年前にハワイで失踪した乳児の写真をもとに制作された「成人後の想像似顔絵」で、失踪した乳児というのはスティーブさんのことだったのだ。

34年前の事件を解決した最新映像技術が「エイジ・プログレッション」という技術で、誘拐された児童が成長した後の顔を想像して描かれ公開される似顔絵が今「エイジ・プログレッション」という最新技術によって効果を発揮し、それによって過去の誘拐事件を続々と解決につながっているという。

日本ではあまり誘拐と聞いてもピンとこないけど、今後国際化が進むにつれて、海外で起こっているような凶悪な事件が起きないとも限らないので、こういう犯罪啓発につながる番組はもっともっとやって欲しいと思う。

最近という犯罪系の番組が多い中、このフジテレビの「世界誘拐ファイル」がかなりインパクトを受けたことを覚えました。

フジテレビドキュメンタリー番組で再現された誘拐事件


また、香港の大富豪のお嬢様の誘拐事件を取り上げられていたけど、身代金は4億円の要求されたってこともあって、そう考えれば、お金持ちんちで生まれた子供って大変だね!私のようなOLでは一生分からない世界なんでしょうけどね・・・

12月 9th, 2015

フジテレビ連続ドラマ無痛のタイトル

フジテレビは10月から面白いドラマが目白押しで、ドラマ好きな人たちからも注目のドラマがたくさん放映されているフジテレビのドラマ。

そんな中でも特に話題になっているのがこのフジテレビの「無痛~診える眼~」なのです!
フジテレビのドラマと言えば、ほとんど好きだけど、この「無痛~診える眼~」は私の中で、今期のフジテレビドラマランキング1だと決めさせていただきます!


このドラマは久坂部羊作の医療サスペンスミステリー「無痛」(幻冬舎文庫)が原作になっていて、プロデューサーはドラマ「福家警部補の挨拶」、「絶対零度」でおなじみの貸川聡子、アソシエイトプロデュースに、ドラマ「リーガルハイ」や「家族ゲーム」の稲田秀樹という強力な布陣。

フジテレビドラマ無痛の人物関係図

フジテレビのドラマになる前に、私は既にこの原作所説にはまっていたね。

脇を固める演出家もフジテレビの大人気のサスペンスドラマ「家族ゲーム」や「ストロベリーナイト」で有名な佐藤祐市などが名前を連ねていて、時間帯も水曜10時からフジテレビ系列で放送されているのだけど、既に話題沸騰ね。

原作は久坂部羊作の「無痛」が元になっていますが、オリジナルのストーリーを加えているので、小説を読んだことがある人も、無い人も楽しめるストーリーで、

それぞれ1話完結型の事件解決ドラマなので、途中からでも全然楽しめるし、主演を務める俳優の西島秀俊演じる為頼英介がとても魅力的です。イケメンすぎます~

このドラマ主演を務める俳優の西島秀俊

為頼英介は、一見パッとしない中年の開業医といういでたちだが、実は医師として驚くべき能力を持っていて、なんと人間の外から見える医学的な診断から、その人間の健康状態や病気の進行状況だけではなく、犯罪を犯かもしれないという予兆を読み取ることができるという特殊能力の持ち主でもある。

フジテレビのドラマをよく出演している実力俳優派伊藤英明

ある事件をきっかけに為頼は警察に協力するようになったのだが、その天才的な観察眼と経験の蓄積で事件を解決に能力を発揮していくというストーリー。

為頼のライバル役にまたまたフジテレビの「海猿」で有名な人気実力俳優の伊藤英明、為頼とタッグを組んで事件解決に臨む刑事役に子役時代、元チビノリダーでも知られている、こちらも実力派俳優の伊藤淳史が出演しており、ヒロイン役には石橋杏奈はあのとんねるずの石橋貴明の娘か?ということで話題にもなりましたが、実際には苗字が同じというだけで全く関係はないそうだね。

ちなみに、伊藤淳史と言えば、フジテレビの「電車男」を見て好きになった役者さんで、その後にもフジテレビの色んなドラマに出ていて、「チームバチスタ」は一番好きだったかな。

無痛の予告

そんな話題が出ることも、同じとんねるずつながりで出演している伊藤淳史がいた事もあって、やはりとんねるずつながりなのか?と一部では盛り上がっていましたが、そういう事実はなく、そんなドラマの内容とは無関係な話題もニュースになるほど、話題の人物が出演するこの「無痛~診える眼~」は必見です。

無痛の患者イバラ

今期のフジテレビドラマは面白い!毎日見るのが楽しくて、もうフジテレビ様様ですね~

特に、この「無痛」は内容もドキドキハラハラ、ちょっぴり私好きなホラー要素もあって、イケメン揃いだし、もぉ~にくいわ~フジテレビ~

ちなみに、今日の「無痛」は、事前にフジテレビのフェイスブックでチェック済み!今夜10時、フジテレビチャンネル8をロック!

ポテチも用意完了~

フジテレビのフェスブック



8月 14th, 2015

フジテレビアウトデラックスの公式ツイッター

フジテレビのこの番組は今わたしの一番好きな番組の一つで、BAR「逢人(あうと)」のマスターであるナインティナインの矢部浩之と、そこのお店の常連客であるマツコデラックスが、歴史上に名を残す偉人達は、みな世間的に型破りである「アウトな人」だったという事で、現代の「アウトな人々」をゲストに迎えてトークを繰り広げるバラエティー番組だ。

こんなアウトの人たちはどこで発掘したんだろう~って、さすがフジテレビだねって、いつも感心するっていうか、驚かされるっていうか!

レギュラー出演者は加藤一二三、栗原類、ミラクルひかる、矢部美穂とその母、大鶴義丹、山里亮太、遠野なぎこ、坂上忍、高橋ひとみ、塚田僚一などで、この番組が始まった当初は、出ているメンバーも結構微妙だと感じたが、今ではこの番組レギュラーである「アウト軍団」の坂上忍など、この番組をキッカケにブレイクしている芸能人も多い。

アウト軍団の皆さんが好きで、フジテレビのtwitterで、アウト×デラックスの公式ツイッターをいつも見てる。
柿姉の動画やメンバー、スタッフの番組以外の画像を見るのが本当に楽しい。
山下君と柿姉のキーホルダーが可愛くて、フジテレビショップで買ったけど、親友に奪われたといううちのエピソードもあって、やはり皆はアウト×デラックスが好きだなって!良くわかった。

 坂上忍以外にこの番組で話題になった人と言えば、歌手の鬼束ちひろ。

この鬼束ちひろは過去に同棲相手から同棲相手から暴行を受けたり、さまざまな奇行が話題になったまさに「アウト」な人で、2013年5月に「アウト×デラックス」に出演した際には、真っ赤な口紅に派手なメイク、奇抜な柄のワンピースにゴールドのタイツという、ド派手ないでたちで登場し、昔からのファンの度肝を抜いた鬼束ちひろ。

そのファッションのテーマについて聞かれるといきなり「セクシャルヴァイオレンス」と言い、突如「リフレッシュ!」、「ディスイズアペン!」と叫んだり、かなり自由な鬼束ちひろに対してマツコの困った感じがとても面白かった。

しかしその後、「アウト×デラックス」に出演した鬼束ちひろは、薄化粧で持ち前の美形の顔を生かした「元の美人」に戻ったことから、マスターであるナインティナインの矢部浩之も常連客のマツコデラックスも「ええ女やんか」「普通にキレイな女になった」と口を揃えていた。

こんな「アウト」な人をテーマにした番組作りは、さすがフジテレビだと思う。

やはりフジテレビ好きだわ~でも、フジテレビのショップに行くのが怖い!可愛いものがありすぎで、全部欲しいになるのが危険!(笑)



8月 8th, 2015

フジテレビ大人気アニメの可愛いキャラクターアラレちゃん

フジテレビの人気アニメといえば、視聴率でみると鉄腕アトムが第一位、

ちびまる子ちゃん(第一期)が2位という結果みたいです。そして堂々の3位がサザエさんという、いずれも国民的大人気アニメといった感じだ。

今、ぎりぎりの20代のわたしでも、まだ毎週ちびまる子ちゃんとサザエさんをみてるんだもん。あとは、フジテレビキッズも結構詳しいよ~(笑)

そしてその次の第4位が「Dr.スランプ アラレちゃん」な訳だが、この漫画はのちに「ドラゴンボール」を生み出し、世界的大ヒットとなった、ファミコンのRPGソフト「ドラゴンクエスト」のキャラクターデザインでも知られる、鳥山明先生の大ヒット作品である。(拍手~~)

この「Dr.スランプ アラレちゃん」がなぜ、当時爆発的な人気を博したのかというと、一つには豊富な登場人物と、そのキャラクターのすべてが個性的であった事が挙げられます。

中でも悪役のマシリトが、作者鳥山明の編集者の鳥嶋和彦の「とりしま」を逆にした、逆さ言葉で「マシリト」である事は有名で、ニコちゃん大王やスッパマンなど、他のキャラクターもインパクトが半端じゃない!!

特に子供心に好きだったのが皿田きのこで、彼女が歌った、

「パーパーパー、パパパーマ、パーマ、パーマ、パーマネント。
ケ、ケ、ケ、ケ、ケムシ、パーマのケムシ。タ、タ、タ、タ、タワシ、パーマのタワシ。
パーパーパー、パパパーマ、パーマ、パーマ、パーマネント。アタマのなかまでパーマネント。」

というアバンギャルドな歌や、「はっきりいってイモね!」や、おやつの時間。おやつの「マンモスイチゴののったショートケーキ」を見て言った、

「ナウいわ!!」なんてセリフも当時は全国で流行っていたね。

そんな全国で流行っているアニメや、バラエティー番組が放送されていたのが、必ずフジテレビだったので、当時の子供たちには面白いテレビと言えば、フジテレビを見るというのが常識だったし、田舎だと特にフジ系列かNHKしか映らなかったという悲しい現実もあった。

アニメ化で一気にブレイクを果たした「Dr.スランプ アラレちゃん」だったが、ファッションやアートワークでも様々なジャンルに大きな影響を与えた作品であることは、間違いないと思う。

大人になっても、子供心が大切だね~(笑)



7月 24th, 2015

フジテレビSMAP×SMAPのロゴ

フジテレビで以前放映されていたテレビ番組で「夢がMORIMORI」という番組があって、MORIMORIという番組タイトルは、司会の森脇健児と森口博子と、当時SMAPのメンバーで、この「夢がMORIMORI」にも出演していた森且行の3人の頭文字が由来みたいです。

当時のSMAPは今ほど人気も知名度もなく、当時のジャニーズには光GENJI、男闘呼組など、あの時代には絶大な人気を誇るグループがいくつもあった為、SMAPは全然目立ってなかった気がする。

そんなSMAPがレギュラーを務めていたのがこの「夢がMORIMORI」で、SMAPのメンバーはこの番組をキッカケに人気に火がついて、その後の「SMAP×SMAP」で、その日記を不動のものとしたと言っても過言ではないと思う。

当時はアイドルのような歌もダンスも上手いかっこいい男性アイドルは、お笑い芸人のような体を張ったコントはやらないのが常識で、やったとしても、オチに使われるのがお笑い芸人などで、アイドルの引き立て役という感じだった。

ところがこの「SMAP×SMAP」では、CCB吾郎とかGショックといった。

稲垣吾郎が演じる人気企画や、木村拓哉扮するペットのPちゃん、世にも微妙な物語など、さまざまなコントに挑戦していて、アイドルがバラエティー番組で全力でやるっていう、前例を作ったのは確実にSMAPだと思うし、これによってお笑い芸人に求められるスキルは、格段に上がり、アイドルに求められるスキルも、歌やダンスだけではなく、しゃべりやお笑いの要素も求められるようになった気がする。

そんなSMAPブレイクのキッカケになったのは当然「SMAP×SMAP」ではあるんだけど、
森脇健児と森口博子が司会を務めていた「夢がMORIMORI」という番組がなければ、
今のSMAPは無いわけだから、そういう意味では元祖は「夢がMORIMORI」だと思う。

最近ではフジテレビの視聴率の話題もよくネットで見かけるけど、振り返るとドラマでもバラエティーでも、青春時代の思い出はすべてフジテレビなんで、これからもおしろい番組を作ってほしいと思う!